「PD Main Me」パーキンソン病をおともに やりたいことやる人生の旅にでよう! ひとりじゃないよ。〜ryokanamamaのブログ〜

50歳パーキンソン病歴6年め大学生高校生を持つ母です。。看護師歴30年なんとか現役で働いています。PDとして 母として 看護師としていろいろ教えてもらったことや考えたことなど書いてます。

今を生きていますか?

わたしは 石橋を叩いて渡るタイプ。

どちらかというと叩きすぎて壊すぐらい😅

このタイプ 叩きすぎはよくないが 看護師という仕事には向いている。

 

21歳から仕事始めて約30年。

途中 産休育休 管理業務やらで何年かは実務を離れたけど まあ経験値は豊富になった。

若かりし頃 知識を得る努力もせず経験で指導してる先輩をよく思ってない時期もあったけど自分がその立場になると 知識は万人共通だけど 経験値はわたしだけのものだからわたしの強みだなとつくづく思う。

だから 看護師の仕事には石橋を叩いてわたり 先を予測していくのは向いてる気がするけど 自分に置き換えると なんともなんだかなあな気持ちになる。

 

このブログにもよく書いているが わたしの時間経過の理想は さざなみ程度の日常変化の中 いつのまにか日にちが経ち パーキンソン病が完治する日が来た✨って感じだけど 

やっぱりこの5年振り返って 進行を感じるし パーキンソン病でなくても この年齢から5年後が今と同じではないだろう。

だから現状が 今日がMAXと思い 自分のためにやりたいこと 好きなことをしよう!と思うけど つい時間やコスパ 価値など考えてしまい またまた先のことを考えてしまう。

 

思い返すと もともとは集団行動を好まず 

中学生になって お弁当をグループにわかれて食べるようになってから 移動教室 トイレなど自分のペースでなくグループでいくのだと知り それでもまだチャランポランにやってたけど だんだん先を予測して 周りを気にして動くようになったなあ。

 

まあ大人になる 当たり前の成長かもしれないけど 今このときを大切にしたいと思いつつ 日常生活に追われ あと何年 元気にいられるかなあと思いつつも 足踏みしている。

 

時間は無限にありそうで有限。

 

今 この一瞬でも過ぎ去る。

 

今を大切に生きるって難しい。