ryokanamamaのブログ

48歳パーキンソン病 2児の母です 看護師してます

症状日誌より③

今回は内服のことで書きます。

パーキンソン病と診断されてから わたしは先生に

「まだ仕事をしないといけないのだけど 仕事に支障が出て困っている」

 

と いったためか ドパミン製剤から処方されました。

ま こういうことは 教科書やらネットにも載っているので割愛します😌

 

やはりドパミン製剤は 速効性はあるけれども 持続時間が短い でも内服量にも限界があるし副作用も出やすいので ほかのものと組み合わせていきます。

わたしもドパミン製剤の持続性をのばすために エフピーが追加処方されました。

エフピーはたしかにドパミン製剤の薬効時間を長くするのに わたしは効果的でした。

 

ただ パーキンソン病の薬は薬価が高いものか多いです。比較的ドパミン製剤はまだ安いですが ほかはなかなかいいお値段です😓

もちろん ある程度の額が超えると 助成制度があるので 主治医に相談したら教えてもらえると思います😊

 

パーキンソン病の薬にも ジェネリックがあります。

3割ぐらい先発薬より安いのかなあ?

 

わたしも 薬局で  

(エフピーは)ジェネリックもありますが どうしますか?

→ 薬局はジェネリック使用を説明しないといけないらしく…

と聞かれ ジェネリックに変更しました。

 

結論は エフピーのジェネリックは効かない!

なのに 2ヶ月分処方出してもらったときに なんも考えずに変えたものだから 2ヶ月も我慢しないといけない😢

(もちろん つらければ 予約外受診して また処方しなおしてもらうことになるのでしょうが、交換はしてもらえないとのことでした。)

 

ということを経験し これからは 何か内容変わるとかのときは 合わない場合も想定して 長くても1ヶ月処方とかにしてないと 長く待たないといけない もしくは薬代をさらに払わないといけなくなることが わかりました😌

 

あと パーキンソン病の治療で コエンザイム大量療法とか 試されているところがありますが あれは あくまで試している療法なので そういうことが受けたければ その病院にかかるなどしないと ふつうに処方してもらえないようです😅

 

コエンザイム療法や水素水のことを ブログに書いてたところ ビタミンD摂取の文献も出ていることを教えてもらいました。

 

そのとき ちょうどジェネリックのエフピーを飲んでいて なかなか効かないと しんどかったときなのですが たまたまビタミンDを一緒に飲むと 薬がよく効いて わたしは楽になり(だからといってジェネリックはやめましたが😆)ました。

どういう作用かはわからないし あくまでわたしの体感ですが。

 

そのことを主治医にいうと

 

ビタミンCは吸収よくするっていうけど ビタミンEは知らんなあ

 

と言われました😅

 

おんなじビタミンだから 作用が似てるのかな?

 

なので まだビタミンDは 飲み続けています😊

 

組み合わせとか 作用とかは 教科書やネットにも載っているので わたしの経験談を中心に書いてますが あくまでわたしの体感としての感想なので 参考程度に読んでくださいね!